スマホの修理店は大きく分けて2つある

スマホの修理をする時には多くの人がスマホを購入した正規店に依頼するケースが多いですが、実はそれ以外にもスマホを修理できる業者があります。主にPCやスマホのパーツを取り扱っているお店などがスマホ修理も兼業している事が多く、これらのスマホ修理業者は正規店にはないメリットがいくつかあるので、スマホの修理を考えた時は選択肢に入れて考えると良いでしょう。

正規店と非正規店の修理期間の違い

正規店での修理は店頭から一度修理を受け持つメーカーの工場へと送付し、そこで修理を経てまた送り戻してもらう形になるため、2度の配送分の時間が必要になります。また工場の修理依頼が混んでいる場合修理そのものにもやや時間が必要なケースもあり、トータルで2週間から長ければ1ヶ月ほどの期間が必要になってしまいます。スマホ修理業者はこれとは違い、お店で修理を行うため配送の手間がかからず非常にスピーディーに修理が完了する特徴があります。お店の予約状態や忙しさにもよりますが、多くの場合修理を依頼したその日のうちに修理が完了する事も多く、急いで修理してもらいたい時にはとても心強いお店と言えるでしょう。

非正規店での修理の注意点

一見非正規店で修理した方が何もかも良いように感じてしまいますが、非正規店にはそれなりのデメリットもあります。正規店では壊れたパーツを新品の物と入れ替えて前と全く同じ形に戻して修理する方法を取りますが、非正規店では壊れているパーツを他のメーカーのパーツで代替して修理を行います。そのため基本的には問題ありませんが、稀にパーツ同士の相性が悪く不具合を起こす可能性もあり、100%完治するとも限らない点は注意が必要です。

スマホ修理の三宮店では、各種ボタンの陥没や無線機能の不具合やバッテリーの経年劣化など、色々なトラブル解決が頼めます。